composerで管理してみる / さくらレンタルサーバー

https://qiita.com/ritukiii/items/4462124c475a0fc35f31

 

url -s http://getcomposer.org/installer | php

これだけでOKです。

こうすると、同じディレクトリに composer.phar というファイルが生成されてると思います。

ライブラリをインストールしてみる

1. 同じディレクトリに”composer.json”という名前のファイルを下記内容で作成。

試しにpimple入れてみます。

{
    "require": {
        "pimple/pimple": "v2.0.0"
    }
}

2. インストールする

$ php composer.phar install


$ ssh ACCOUNTNAME@DOMAIN.sakura.ne.jp

最初にSSHでさくらにログインします。
sshの後に、さくらのアカウント名@初期ドメイン名を入れます。
パスワードを聞かれるので、サーバパスワードを入力すると以下のようなメッセージが出て、ログイン完了です。

$ ssh USERNAME@DOMAIN.sakura.ne.jp
USERNAME@DOMAIN.sakura.ne.jp's password: 
FreeBSD 9.1-RELEASE-p24 (SAKURA17) #0: Thu Feb  5 10:03:29 JST 2015

Welcome to FreeBSD!

Composerをインストール

% curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

このコマンドでインストールされます。

All settings correct for using Composer
Downloading...

Composer (version 1.5.1) successfully installed to: /home/DOMAIN/composer.phar
Use it: php composer.phar

成功するとこのように表示されます。

% php composer.phar

このコマンドで、ちゃんとインストール出来ているか確認します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です